ホーム   その他の上映   ホームムービーの日とは?   沿革   フィルムの種類   お問合せ   Link

「ホームムービーの日 今年の一本上映会」が開催されます。

「ホームムービーの日 今年の一本上映会」   The Best of Home Movie Day

日時: 2017年12月16日 土曜日 15:00~

場所: 東京現像所 第一試写室 -東京都調布市富士見町2-13(京王線調布駅北口から徒歩10分)

入場無料 予約不要 出入自由

主催:HMD調布   後援:調布市 / 調布市教育委員会

協力:株式会社東京現像所 / ホームムービーの日 世話人有志一同 / NPO法人映画保存協会

best2017

「京橋 映画鑑賞会 + ホームムービーの日 in 京橋」上映会が開催されます。

「京橋 映画鑑賞会 + ホームムービーの日 in 京橋」上映会 

日時: 2017年11月4日 土曜日 13:15~15:30 (13:05開場)

場所: 東京スクエアガーデン6階 中央区立環境情報センター研修室

定員:  50名程度 入退室自由 入場無料 飲食不可

主催:ホームムービーの日 in 京橋

共催:京橋三丁目町会 / NPO法人 京橋川再生の会

協力:ホームムービーの日 / CENTER FOR HOME MOVIES

フィルム貸出:東京都立多摩図書館

 

[劇映画] (フィルム貸出:東京都立多摩図書館)

  13:15~  「鉄道員(ぽっぽや)

115分 / カラー /製作年 1999年 /製作 東映株式会社

(フィルムの状態があまり良くありませんが、映画の保存と機材のメンテナンスの大切さを啓蒙し、映画は映画館で見ることの素晴らしさを実感して頂く為に、ご了承下さい。途中巻掛け替えのため中断します。)

 

[ホームムービー上映]

    15:10~  

映画フィルムを扱う裏方で働いてこられた方からお話を伺ったインタビュー、京橋近辺で撮影された映像も上映します。お楽しみに!

  15:30~  終了予定

 

hmd2017          2017chirashi-ura

「ホームムービーの日」は今年15周年を迎えます。

15omote            15ura

「ホームムービーの日 in 京橋」上映会が開催されます。

「ホームムービーの日 in 京橋」上映会   ―Home Movie Day in Kyobashi―

日時: 2016年10月16日 日曜日 14:00~16:00(終了予定)

場所: 東京スクエアガーデン6階 中央区立環境情報センター研修室

定員:  50名程度 入退室自由 入場無料 飲食不可

主催:ホームムービーの日 in 京橋

共催:NPO法人 京橋川再生の会

協力:ホームムービーの日 / CENTER FOR HOME MOVIES

機材協力:NPO法人 映画保存協会

映像提供:土木学会

[記録映画] (映像提供:土木学会)

  14:05~  「地下鉄-東京-西銀座間建設工事記録-

27分 / 白黒 /製作年 不明(1957年?) /企画・帝都高速度交通営団 / 製作・新理研映画株式会社

  14:35~  「川の上を走る高速道路-江戸橋インターチェンジと日本橋附近-

27分 / カラー /製作年 1964 /企画・首都高速道路公団工務部 / 製作・理研映画株式会社

(古い映像のため状態があまり良くありませんが、ご了承下さい。)

  15:00~  休憩

[ホームムービー上映]

    15:10~  

京橋近辺で勤務されている方やそのお友達やご家族、旅行で来られた記念に撮影された方、近所にお住まいの方、以前住んでいらした方からホームムービーをお借りして上映します。お楽しみに!

  16:00~  終了予定

hmdkyobashi2016omotehmdkyobashi2016ura

「今年の一本」上映作品が海外で上映されます。

サルデーニャ島、カリアリのチネテカ・サルダ(Cineteca Sarda of Cagliari (Sardinia))で行われる、世界中の電車を集めた「ホームムービーの日」で、京橋から昨年出品した「都電哀歌」が上映されます。

 

「今年の一本」上映会が開催されます。

「今年の一本」上映会   ―The Best of Home Movie Day―

日時: 2016年5月22日 日曜日 13:00~16:00(終了予定)

場所: 富士フイルム 西麻布本社 1階ホール (ミッドタウン本社ではありません。)

定員: 230名 入場無料

主催:ホームムービーの日 「今年の1本」上映会実行委員会 / 株式会社アルプスピクチャーズ

協力:NPO法人映画保存協会 / CENTER FOR HOME MOVIES

特別協力:富士フイルム株式会社

 

13:00~ 第一部 [講演会]

「未来をつくる8㍉フィルム」 

株式会社アルプスピクチャーズ代表/映像作家  三好大輔

「ホームムービーのこれまでとこれから」 

富士フイルム株式会社 e戦略推進室統括室長 板橋祐一

「フジカシングル8の開発秘話」 

元 富士写真光機 工業デザイン担当  水川繁雄

聞き手:東京国立近代美術館 フィルムセンター技術職員  石川亮(聞き手)

 

14:30~ 第二部 [ホームムービーの日「今年の一本」上映会]

『東京市街』撮影:古道武二 氏  撮影地:東京都千代田区、中央区近辺  (S8/カラー/サイレント/1969年/約2分)

『都電哀歌』撮影:西野宗祐 氏  撮影地:東京都中央区近辺  (S8/カラー/サイレント/1971年/約3分)

『新宿1975、冬』撮影:中村実氏 撮影地:東京都新宿区  (S8/カラー/サイレント/1975年/約10分)

『大雄院小学校 最後の親子運動会』撮影地:茨城県日立市宮田町付近  (S8/カラー/サイレント/1979年/約12分)

『村民運動会』 撮影:宮澤千覚氏 撮影地:長野県安曇野市堀金  (S8/カラー/サイレント/1959年/約5分)

『杭全神社夏まつり 大森くみこ活弁付』撮影:松村長二郎 氏 撮影地:大阪市平野区  (W8/モノクロ/サイレント/1958年/約9分20秒)※DVD上映 

『子供の楽園』撮影地:宮城県仙台市八木山  (16mm/モノクロ/サイレント/1935年頃/約3分45秒)※DVD上映 

『上野動物園』撮影:和田 氏 撮影地:東京都台東区上野動物園  (W8/モノクロ/サイレント/1957年/約5分)

『浅草寺幼稚園運動会』撮影:和田 氏 撮影地:東京都台東区浅草  (W8/モノクロ/サイレント/1960年/約5分)

『僕は一年生』撮影:鈴木隆史 氏の父撮影地:大阪吹田市  (W8/モノクロ/サイレント/1964年/約9分)

 

ほか、数会場の作品を上映致します。(上映順はフィルム架け替えの都合により変更します。)

 

 

公式HP→ https://m.facebook.com/HomeMovieDayJAPAN/

bestofhmd1  bestofhmd2

 

上映作品がHMD今年の一本2015(DVD)に収録され、公開されました。

「Home Movie Day in Kyobashi」で上映された西野宗祐さんの「都電哀歌」がHMD今年の一本2015(DVD)に収録され、公開されました。2:35付近から

https://vimeo.com/165815195

Best Home Movies - HMD Japan 2015 from Film Preservation Society on Vimeo.

報告書に掲載され、公開されました。

「UNESCO WORLD DAY. FOR AUDIOVISUAL HERITAGE 2015」に掲載され公開されました。

(pdfの23ページ、24ページ。)

http://www.fiafnet.org/images/tinyUpload/Events/World-Day-Of-AV-Heritage/FIAF%20wdoah%20report%202015-Reduced.pdf

 

イベントは終了しました。

沢山の方のご来場ありがとうございました。すべての関係者の皆様に御礼申し上げます。

 

イベント概要が決定しました。

「ホームムービーの日 」in 京橋          アマチュア小型映画のこれまでとこれから

Home Movie Day in Kyobashi        Past and Future of Small Gauge & Amateur Film

 

会場:上映会│小ホール(地下1階)   講演会│大ホール(2階)

会期:2015年10月17日(土)

主催:東京国立近代美術館フィルムセンター

特別協力:「ホームムービーの日」in京橋実行委員会

協力:映画保存協会 HMD日本事務局、根津映画倶楽部、京橋三丁目町会

定員:大ホール310名     小ホール151名 ※小ホールでの上映は入替制

料金:入場無料

 

上映会

「ホームムービーの日」in京橋

2015年10月17日 11:00 AM @小ホール

2015年10月17日 4:15 PM @小ホール

会場:小ホール(地下1階)定員:151名 2015年10月17日(土)11:00am~/4:15pm~(入替制 各回60分程度を予定)

入場無料(開場は各回上映の30分前から)

一般応募者から集められたホームムービー(京橋や銀座界隈を映したもの)を複数上映します。

撮影者や関係者によるトークが付きます。

*荻野茂二作品『銀座新景』(1932、15分、オリジナルは9.5mm)を35mmで上映します。

*上映作品は2回とも同じです。

開映後の入場はできません。

発券=地下1階受付

・発券・開場は開映の30分前から行い、定員に達し次第締切ります。

・発券は各回1名につき1枚のみです。

・観覧券は当日・当該回のみ有効です。

 

講演会

「アマチュア小型映画のこれまでとこれから」

会場:大ホール(2階)定員:310名 2015年10月17日(土)1:00pm~3:45pm(終了時刻は予定)

入場無料(0:30pm開場)

 

■講演(タイトルは仮題)

「国際的な記念日「ホームムービーの日」誕生のひみつ」

石原香絵、竹森朝子(映画保存協会 HMD日本事務局)

*米国のホームムービー”Our Day”(1938)のDVD上映あり(17分)伴奏:柳下美恵(サイレント映画ピアニスト)

 

「フジカシングル8――その誕生と発展」

水川繁雄(元富士写真光機 工業デザイン担当)、聞き手:石川亮(フィルムセンター技術職員)

 

「フィルムセンターにおける小型映画保存の取り組みとデジタル化」

浅利浩之(荻野茂二研究者)、石川亮、とちぎあきら(フィルムセンター主任研究員)

*荻野茂二作品『電車が軌道を走る迄』(1929、13分、オリジナルは9.5mm)『線』(1975、6分、オリジナルはスーパー8)を35mmで上映。

 

2015omote  2015ura

フィルムの募集を終了しました。

フィルムの募集を終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

 

東京都中央区、千代田区近辺が写っているフィルムを探しています。

chirashi

ホームムービーの日は、家庭や地域で眠るフィルムを持ち寄り上映する国際的な記念日です。日本では2003年から行われています。8mm映画普及50周年を記念して、今回はじめてフィルムセンターでの開催が決定いたしました!

「HOME MOVIE DAY 2015 in 京橋」実行委員会では、ホームムービーの日で上映させていただけるフィルムを募集しています。東京都中央区・千代田区近辺(京橋・銀座・八重洲・日本橋・有楽町界隈)が写っているフィルムをお持ちで上映の為にお貸ししてくださる方は是非ご一報下さい。

 

under

 「ホ—ムム—ビ—の日 in 亰橋」実行委員会

お問い合せは、応募フォームの「その他」欄に書き込んで送信してください。

HMD亰橋   Twitter

          アクセスカウンター:      現在の閲覧者数:

inserted by FC2 system